Home > シルバー人材センターとは

シルバー人材センターとは

シルバー人材センターの特色

高年齢者による自主的・自発的な運営をする、
県知事から指定された公益法人です。

国・県・市町村の指導・援助・助成を受けて地域の高年齢者が共働、共助の精神で就業しています。役員は会員等の中から選ばれ、自主的・自発的に運営し、活力ある地域社会づくりに貢献します。

シルバー人材センターの業務

請負または委任による仕事

官公庁や民間企業及び一般家庭等から、高年齢者に適した仕事を、請負または委任により有償で引き受けて、会員がその仕事に就業するもので、仕事の発注者と雇用関係は生じません。仕事の内容と就業の実績に応じて、報酬(配分金)を支払います。

一般労働者派遣事業

臨時的かつ短期的な業務またはその他の軽易な業務に係わる就業の範囲において派遣をしています。

職業紹介事業

臨時的かつ短期的な雇用による就業またはその他の軽易な業務に係わる就業(雇用によるものに限る)を希望する、原則60歳以上の高年齢者のために職業を紹介します。

シルバー人材センターのしくみ

会員になる

原則60歳以上で働く意欲のある健康な人なら、会員になることができます。

入会手続き

当センターで入会説明を受け手続きをしていただきます。

会費

決められた年会費を納めていただきます。

仕事をするには

仕事はセンターから連絡します。
また、技能講習も開催しています。

配分金

自分で働いた仕事量に応じ、配分金が支払われます。

シルバー団体傷害保険

就業中のケガや事故は、センターが加入している保険で対処します。

このページの先頭へ